-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ランキングに参加しています。一日1クリックよろしくお願いしま~す★
  ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ

| スポンサー広告 |
2012-04-18 (Wed)
今、オリジナルコースに向けて試作をしてレシピ作りに励んでいます。
でも、レッスンの進め方に関しては、まだハッキリと決まっていないのが正直なことろです
同じくパン教室をされている方からアドバイスをいただき、いろいろと考えているのですが・・・。

そんな中、昨日偶然見たブログに「教室の作り方」というカテゴリがあり、
まさに今の私に必要な内容が書いてありました。
教室を開講するまでの準備や運営に関することを、ご自分の体験をもとに書かれています。
パン教室を始めたい方や、別の教室をやりたいと思っている方に、
とっても参考になる内容なので、ぜひ見て頂きたいオススメのブログです。
パン作家コボコボ☆天然酵母のパン教室のカテゴリ「教室の作り方」


パン教室をされている方からのアドバイスと↑のブログを見て、
自分なりに考えてみました。

今まではJHBSのカリキュラムに沿ってレッスンしていました。
メニューもレッスン料も決められていたので迷うことなくできました。
でも、オリジナルコースとなると、すべて自分で決めなくてはいけません(当たり前ですが^^;)

まず、レッスンメニューです。
私自身、レシピのレパートリーが多くありません。
さて、どうしたものか・・・う~ん
レパートリーが少なければ、最初数種類を準備して、その後は試作して増やしていこう
試作したパンは、生徒さんに試食してもらって感想を聞くのもいいかもしれません^m^
好評だったらレッスンメニューに加えるとかね。


次に「レッスンの進め方」です。
①単発レッスンのように「今月は○○パンです」と、1ヶ月単位でメニューを決める。
②JHBSコースのように初級・中級・上級で、それぞれのメニューを順番に受講していただく。
というやり方でしたが、今後は、、、

『基礎(5回)・応用Ⅰ(10回)・応用Ⅱ(10回)があり、
それぞれの決められた回数を受講して次のコースへ進みます。
受講するパンは、それぞれのコースのメニューの中から好きなパンを選んで受講出来ます。
つまり例えば、
~基礎コースには8種類のメニューがあるとします。
基礎コースから応用Ⅰコースへ上がる場合、基礎コースを5回受講しなくてはいけません。
5回のレッスン内容は、基礎コース8種類のメニューの中から、好きなパンを選んで受講出来ます~』

という進め方にしようかなって思っています。



①と②は運営している側からすると、材料の管理もしやすくやりやすい方法ですが、
やっぱり生徒さんの立場からすると、好きなパンを選べる方が良いのではないかと思っています。
ただ、はじめのうちはメニューがそんなにないので、少ないメニューの中から選んで頂くことになりますが・・・
メニューを増やすために、たくさん試作をして頑張ります


次に、捏ね器で捏ねるか、手捏ねかです。
今までは生徒さんが来る前に捏ね器で捏ねはじめ、一次発酵中にレッスンを開始していました。
そして、自分で成型した生地に付箋を付けて焼き上げていました。
でも新しいコースでは、手捏ねで捏ねていただこうと思います。
計量からスタートして、焼き上げまでをすべてご自分でやって頂きます。
焼き上がったパンは、最初から最後まですべて自分で作ったパンということですね。
計量から焼き上げまで一通りやると、家に帰ってからも作れると思います。
「手捏ねは大変では?」と言う方もいるかもしれませんが、
1回の捏ねる量はそんなに多くないので、意外にすぐ捏ね上がりますよ。
それに、手で捏ねると気持ちいいんですよねぇ~
すっごく癒されます
ぜひ、この感覚を味わってもらいたいな♪



記事が長くなりそうなので、ここでとりあえず分けますね~。
次の記事もお付き合いくださいませ♪




★ランキングに参加しています。一日1クリックよろしくお願いしま~す★
  ↓ ↓
にほんブログ村 料理ブログ パン教室へ

| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。